銀行カードローンの比較でわかる、それぞれの特性!

銀行カードローンを比較していくと、それぞれに違いがあることが分かります。即日対応、融資限度額、金利、その他付属するサービスと、その銀行カードローンの特徴はさまざまです。


探せば見つかる、ニーズにあった銀行カードローン

銀行カードローンがさまざまにあるように、融資を受ける人たちが求めるものも多種多様です。とにかく早く融資を受けたいという人もいれば、長期的な返済を考え、できる限り低金利のものを探している人もいるでしょう。そこで各銀行を比較することがとても大切になってくるのです。


ニーズに合わせられる銀行カードローンを紹介!

今回はその中でも横浜銀行のカードローンを紹介したいと思います。横浜銀行では銀行だから可能な低い金利で融資を受けられるうえに、収入証明書が要らずに300万円の融資をうけることが可能です。また、インタネットーでの24時間対応を行っているため、より早く融資を受けたいという方にもおすすめなのです!

このように幅広いニーズにこたえることができるものもありますが、もっと限定された使い方を決めている方であれば、さらに自分にあった銀行カードローンを見つけることが出来ます!計画的な利用というのは、融資を受ける前から始まっているのです!

銀行カードローンってどんなポイントで比較・選択していったらいいの?

低金利、高い利用限度額、総量規制対象外などのメリットを抱えている銀行カードローン。
「このローンを利用すれば利息が小さくなって返済が楽になる!」と思っている方も多く、それゆえに人気が高まり、審査が厳しくなっているのが現実です。
しかし、単純に金利だけで銀行カードローンを選んでいくのは実は危険なのです。
その理由を紹介します。


<返済金額を左右するのは金利だけではないということを知っておくべき>

確かに金利は利息の額に多大なる影響を与えますし、それによって支払われる総額も決まってきます。
しかしその総額を決めているのは、実は返済方式でもあるんです。
あまり知られていないことかもしれませんが、利息は返済期間が長くなればなるほど大きくなっていくものなのです。
そのためこの方式を比較しておかないと、同じ額を同じ金利で借り入れたとしても最終的な返済金額が大きく変わってきてしまうということが起こってしまうのです。
銀行カードローンを本当にお得に利用するなら、ぜひ返済方式にも注目してみてくださいね。


<利息を大きくしない銀行カードローンの返済方式を紹介>

では、どんな方式ならいいのでしょうか?
具体的に「これがいい!」というのはなかなか言いにくいですが、できるだけ早めに完済しきれるものをおすすめします。
逆に「リボルビング」という名称がついているものは返済期間が延びやすくなる方式ですので要注意です。
やはり利息を大きくしないためには期間を延ばさず早めに返しきることが重要ですから、そのようなものは選ばないようにしてください。
そしてそれらのことを踏まえた上で、金利が低いカードローンを選べたら、もう最高です。
銀行カードローンは、このようにいろいろな観点で比較・選択していくのがおすすめですよ。

銀行カードローンを金利で比較!

銀行カードローンは他の業者のカードローンと比べて、金利が低く抑えられている傾向にあります。しかし、そうはいっても銀行カードローンならどこでもOKということにはなりませんよね。金利は低ければ低いほど助かるものです!


銀行カードローンを金利で比較!数字を鵜呑みしないように!

銀行カードローンを金利で比較しようとすると、○%~△%といったように表記されていると思います。この際、一番低い金利の数字だけを見て、どの銀行カードローンから融資を受けようかと選んでいたのでは、大きな失敗を招くことになるかもしれません!


銀行カードローンは融資額で、金利が変動する!

さきほど、金利はある程度の幅をもって表記されていると書きましたが、それは、融資をうける金額によって、適用される金利が変わるからです!なので、自分が受けようと思っている融資に適用される金利で判断することが、失敗しない銀行カードローン選びのコツなのです。

これ以外にも、支払い方法などによって変更する金利システムなどもありますが、ここで簡単に気を抜いてはいけません!リボ払いなど、計画的な返済を考えておられる方には大変便利ですが、使い方を失敗するといつまでも返済を続けることになる可能性もあるからです!

銀行カードローンの審査の通りやすさで比較!

初めての利用するさいに、どの銀行カードローンを使おうか、とネットで調べてみるといろいろな種類のカードローンが出てきて、どれが一番自分にとってふさわしいのかなんてすぐには分からないですよね。そこで一つの指標となるのは審査の通りやすさではないでしょうか。学生の方、主婦の方、アルバイトの方、銀行カードローンの審査は厳しいものも多く、ちゃんと返済できるのに、借入ができないことなどが多々あるのです。


銀行カードローンを規模の差で比較!

審査が厳しいか、厳しくないのかを比較するには、視野を広くして考えてもらう必要があります。まず、大手の銀行が行っている銀行カードローンを考えてみましょう。大手こそ審査が厳しいのではないかと、思われてしまうかもしれませんが、それは間違いです。大手であれば、提携している保証会社も大手のものが多く、そのため、向こうも多少のリスクなら目をつぶって融資してくれることもあるのです。


大手ではない銀行カードローンは?

では、逆にそれほど規模の大きくない銀行カードローンはどうでしょう。こちら身分証明の不要など、審査が簡単に通れそうなところが多くありますが、しかし、大きなリスクを背負うということは、大きなリターンを求めてくるということです。そういったところでは金利が高めに設定されていることもあり、デメリットの部分ももちろんあるのです。

すべてが自分の要望どおりになるカードローンが見つかることは難しいです。それらには違ったストロングポイントとウィークポイントがあるからです。メリット、デメリット、どちらをとるべきか、ご利用のさいにはよくお考えのうえ、お願いいたします。

銀行カードローンの比較ってどうすればいいの?

皆さんは商品を買うときに、同じようなものがあれば他社と比べたりはしないでしょうか。いい買い物をするためには比べることが必ず必要ですが、それは銀行カードローンでも同じことが言えます。


銀行カードローンの比較、どこを見る?

先に言ったように、銀行カードローンを利用するときには、比較することが必要ですが、それでは、どのような点を見比べればいいのでしょうか。
まず、大切なことは金利ですよね!これは、特に言わなくてもご承知だとは思いますが、数か月、ときには数年にかけて返済するときには、数%の金利の差が大きなものとなります。しかし、ただ金利だけを見て決めていたのでは痛い目を見ることもあります。


銀行カードローンにはそれぞれに特性が?

皆さんは商品を見比べるときに、値段だけを見て決めませんよね?もちろん、値段は一つの大きな要因ですが、本当に大切なことは自分の欲求をこの商品が満たしてくれるかどうかなのです。銀行カードローンで考えてみましょう。たとえば、同じ金利でも銀行によっては融資限度額に違いがあったり、また同じ金額の融資でも、かかってくる金利に微妙な差が出たりするものです。また、融資額のほかにも返済方法や即日融資の可否など、銀行カードローンによって、それぞれの特性といったものがあります。

以上で説明したように、銀行カードローンを比較するさいに、一番大切なことは、自分が何を求めているか、あらためて確認しておくことにあります。そのうえで、それぞれの特性に合わせて取捨選択をしていただければと思います